脱毛後に運動するのは禁止である理由を元看護師に聞いた



 湘南美容外科クリニックの医療レーザー脱毛はとても安全な脱毛が出来ることでも人気です。
その秘密は脱毛マシンにあるといえます。湘南美容外科クリニックで使用している脱毛マシンは「ジェントルレーズ(Gentle LASE)」です。
この脱毛マシンは国内で最も多くのクリニックが使用しているもので、使用実績が非常に多いのです。そのため、安全な脱毛が証明されたマシンなのです。
このジェントルレーズは日本人のお肌に最もよく合っているおいわれている「アレキサンドライトレーザー」を照射することができるマシンであるため、非常に安全性が高いのです。

 ですが、この安全な脱毛を行える湘南美容外科クリニックでもトラブルは起こってしまうことがあるのです。
それはどのようなことかというと「脱毛直後の運動」です。

 では、なぜ運動が脱毛後のトラブルを引き起こしてしまうのかというところを専門家である元看護師の方に伺ってみました。

脱毛後に運動するのは禁止である理由を元看護師に聞いた

1.脱毛後のトラブル

2.運動をするとなぜ赤みや腫れにつながってしまうのか

3.なぜ運動するっと化膿するような状態になってしまうのか

1.脱毛後のトラブル

 脱毛後のトラブルとして起こり得るのはお肌の赤みや腫れ、ひどくなると化膿することがあります。
この現象は全て医療レーザー脱毛の仕組みに起因するものです。
というのも医療レーザー脱毛の原理は「熱処理」であるのです。毛を熱処理するために毛穴の中にやけどを負ってしまうのです。

 この火傷はごく軽度なものであるため直りの早い方ですと、施術後半日程度で痛みも引いてくる程度のものなのです。ですが、運動をしてしまうとこの軽度のやけどから発展して非常に重い症状を引き起こしてしまう可能性が非常に強くなってしまうのです。

2.運動をするとなぜ赤みや腫れにつながってしまうのか

 医療レーザー脱毛というのは先ほどもお話ししたように熱による脱毛です。そのため毛穴の中にかるいやけどを負ってしまうわけですが、やけどの対処で最もシンプルな方法でこれを防ぐことができます。
それは「冷やすこと」です。やけどをした時は流水で冷やしたりしますよね?

 この時の処置がなぜ効くのかというとそれは血行が悪くなり症状の悪化を防ぐことができるのです。

 ですが、ここで運動をしてしまうとお肌の血行はよくなりますよね?これが問題になる訳です。
お肌の血行が良くなることはどういうことかというとお肌を冷やすことの逆、つまりやけどした場所のおはだを暖めてしまっているようなものなのです。そのため軽度で済むはずだったやけどがさらにひどくなってしまうのです。

3.なぜ運動するっと化膿するような状態になってしまうのか

 こちらは一見やけどがひどくなったからと考えてしまいがちなことなのですが、実はちょっと原因が違うのです。
しかも、この症状に関しても脱毛後に運動をすることで症状が出る可能性が急激に上がってしまうのです。

 この症状の原因となるのは言うまでもなく「細菌感染」です。化膿したという状況は感染してしまった細菌を白血球が外に排出する現象です。
運動をすると細菌感染してしまうというのも少しピンと来ない話ですよね?

 ですが、運動をしてしまうと汗をかきます。この汗が問題なのです。汗というのは多くの油分を含んでいますよね。
この油分というのは最近を吸着する性質を持っているのです。
実は元々の汗には最近は含まれていません。汗の油分が最近を吸着して毛穴から細菌を外に出すというのが本来の汗の役割です。
ですが、脱毛直後というのは毛穴の中はやけどをしています。そのため、汗をかくとそこに細菌をわざわざ運んでしまうことになってしまうのです。

 また、汗は毛穴から外に出るとお肌の正面を伝う際にさらに最近を吸着します。そして、脱毛でデリケートになったお肌にその細菌を送り届けてしまうのです。
そこも可能の原因の一つです。

 これらの理由から脱毛後の運動というのは非常に危険であるため禁止となっているのです。